www.domyojitenmangu.com トップ > 宝物 >河内国府遺跡発掘品
青白磁円硯銀装革帯玳瑁装牙櫛伯牙弾琴鏡犀角柄刀子牙笏
笹散双雀鏡笹散蒔絵鏡匣 | 天神縁起絵扇面貼交屏風 | 漆皮鏡筥 | 道明寺絵図 | 蒔絵螺鈿鏡筥 |
漆彫丸匣 | 太宰府天満宮絵図 | 渡唐天神画像 | 脇差 | 天神縁起絵巻 | 櫛箱 |
文字絵渡唐天神像 | 石燈篭 | 薬の版木 | 河内国府遺跡発掘品

河内国府遺跡発掘品  含 けつ状耳飾(藤井寺市指定文化財)

河内国府遺跡発掘品河内国府遺跡発掘品

大正6年〜10年にかけて行なわれた現藤井寺市惣社に位置する国府遺跡の発掘品です。
大阪毎日新聞社主本山彦一や京都帝国大学助教授(当時)濱田耕作らによって発掘されたものです。
この国府遺跡は、日本の旧石器文化研究史のなかでも特異な位置を占める遺跡として国の史跡に指定されています。
現在では、その多くが関西大学博物館に所蔵されています。
この写真のものは全てが国府遺跡から発掘されたものではありませんが、いずれも貴重なものです。

※「けつ」の字は「王」に「決」の右側です。 

「河内国府遺跡」里帰り展の報告

たくさんのご来場ありがとうございました。

関西大学に所蔵される国府遺跡の出土品が、大正6年〜10年にかけての発掘以来初めて藤井寺市に里帰りしました。
1日だけの特別展示でした。

日時 平成17年10月22日(土)
場所 道明寺天満宮 天寿殿
内容 〔展示〕 午前9時〜午後5時 午前10時と午後4時にそれぞれ展示解説
    〔講演〕 午後1時〜午後3時30分
     講演@ 渡唐天神図について
       長谷洋一氏(関西大学文学部助教授:日本美術史)
     講演A 河内国府遺跡の意義と遺物
       米田文孝氏(関西大学文学部教授:考古学)
参加費 無料
主催 道明寺天満宮・関西大学なにわ・大阪文化遺産学研究センター
後援 藤井寺市教育委員会 

▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H28 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.