道明寺天満宮

Tel.072-953-2525

結婚式_和婚_天寿殿
釋奠の様子席上揮毫の様子

釋奠について

平成30年5月13日(日)に第115回釋奠を斎行予定です。
毎年5月の(だいたい第二)日曜日に行います。
参加にはお申込み、会費(1万円)が必要です。


祭典 大成殿 午前10時
講筵 天寿殿 午前11時
揮毫席 天寿殿 午後1時~午後3時
寄贈作品抽籤 天寿殿 午後2時
煎茶席(花月菴流) 天寿殿 午前10時~午後3時
抹茶席(裏千家流) 天寿殿 午前10時~午後3時
野点席(表千家流) 絵馬堂 午前10時~午後3時
宝物拝観 宝物館 午前10時~午後4時

釋奠とは

釋奠せきてんとは、孔子及び顔回以下の十哲を祀る儀式です。
江戸時代、高松松平藩の藩校に、その昔栃木の足利学校にあった、小野篁おののたかむら作の孔子の木像が祀られていました。
明治維新で藩校が廃止され、聖廟は破毀、聖像もまた散逸の運命にあったのを、儒者藤澤南岳が払い下げを受け、その私塾泊園書院に安置し、そこで釋奠を行っていました。
明治36年に聖像を譲り受け、毎年5月の日曜日に祭典が執り行われています。
当日は大成殿での午前10時の祭典に始まり、経書の講演、煎茶席・抹茶席や書画等の抽籤、席上揮毫等がおこなわれます。
この大成殿は帝室技芸員であった9代目伊藤平左衛門の手によるものです。
この前には、孔子の木とも言われる楷の木を植樹しています。

日本の孔子廟

孔子廟はその名のとおり、孔子さんをお祀りする建物で、日本では聖堂や聖廟と呼ばれています。
日本での釋奠は大宝元年(701)に大学寮内の廟堂で行ったのが最初といわれています。
道真公も釋奠のたびに詩を作られました。
江戸時代に入り、儒教が政治の基本理念として重んじられたことにより、多く聖廟が建てられました。
現存するものから、近代に建築されたものまで、日本に存在する孔子廟を紹介します。

盛岡聖堂 岩手県盛岡市
庄内藩校致道館 山形県鶴岡市
会津藩校日新館 福島県会津若松市
足利学校 栃木県足利市
水戸藩校弘道館 茨城県水戸市
湯島聖堂 東京都文京区
程ケ谷大正殿 神奈川県横浜市
(財)成人教学研修所 大阪府四条畷市
特別史跡閑谷学校 岡山県備前市
孔聖神社 香川県綾歌郡綾南町
白木聖廟神社 佐賀県杵島郡江北町
多久聖廟 佐賀県多久市
中島聖堂 長崎県長崎市
長崎孔子廟 長崎県長崎市
泗水町孔子廟 熊本県菊池郡泗水町
久米至聖廟 沖縄県那覇市

↑Topへ