www.domyojitenmangu.com トップ > 境内 > 修羅
御本殿 | 結婚式場・天寿殿 | 宝物館西宮・もくげんじゅ梅園土師社 | 和合稲荷社 | 八嶋社 |
霊符社 | 白光社 | 白太夫社修羅 | 筆塚小林一茶句碑 | さざれ石 | 神牛舎 | 大成殿 | 土俵 |
能楽殿 | 皇居遥拝所 | さくら | 菩提樹 | 楷の木 | 夏水井 | 手水舎 | 狛犬 | 明治天皇行在所 | 五重塔跡 | 公孫樹 | 石造物

修羅(復元)

 昭和53(1978)年4月、当宮氏地内の三ツ塚古墳の周濠から大小2基の修羅が出土しました。
 修羅しゅらとは、古墳を造るときに必要な巨大な石を運ぶためのソリのことです。当地は道真公の先祖土師はじ氏の領地であり、この修羅を使った土木技術も土師一族のものであったろうと思われます。

復元修羅

 この修羅は「復元修羅」で、実験考古学の試みとして製作されたものです。大きいほうは約8.8mメートルあり、小さいほうは約2.8メートルあります。
現物は、大阪府立近つ飛鳥博物館に大が、藤井寺市立図書館に小が保存されております。
平成18年6月9日に大小の修羅とてこ棒が重要文化財に指定されました。

▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H28 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.