www.domyojitenmangu.com トップ > 宝物 > 渡唐天神画像
青白磁円硯銀装革帯玳瑁装牙櫛伯牙弾琴鏡犀角柄刀子牙笏
笹散双雀鏡笹散蒔絵鏡匣 | 天神縁起絵扇面貼交屏風 | 漆皮鏡筥 | 道明寺絵図 | 蒔絵螺鈿鏡筥 |
漆彫丸匣 | 太宰府天満宮絵図 | 渡唐天神画像 | 脇差 | 天神縁起絵巻 | 櫛箱 |
文字絵渡唐天神像 | 石燈篭 | 薬の版木 | 河内国府遺跡発掘品

渡唐天神画像

渡唐天神像 渡唐天神像 渡唐天神像
作者不詳 作者不詳 雪舟筆・愚極禮才賛

鎌倉から室町時代に五山の禅僧の間でいい出されました。所伝によりますと,鎌倉時代の仁治二年(1241),京都東福寺の開山聖一国師円爾弁円が宋から帰って 九州博多の崇福寺に住したとき,夜に道真公が現れて禅を問いました。国師は, 自分の師である宋の径山の仏鑑禅師無準師範を師とするよう答えましたところ,直 ちに宋に渡り禅師に参禅し,衣鉢を受けて帰り,再び国師の前に現れて,与えられた法衣を見せたといいます。この話に基づいて多くの渡唐天神の像が描かれました。手に梅の小枝を持ち中国風の服装が渡唐天神画像の特徴です。

▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H28 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.