www.domyojitenmangu.com トップ > 行事 > 初天神うそかえ祭
初詣書き初め大会左義長初天神うそかえ祭節分厄除大祭
梅まつり梅花祭菜種御供大祭筆まつり釋奠薪能「道明寺天神能」
菅公生誕祭天神まつり八朔大祭七五三まいり献香祭納天神
骨董市 | 菅原道真公千百年大祭

初天神うそかえ祭 1月25日 午前11時、午後3時の2回

当日は午前11時と午後3時の2回行われます。
どちらかにご参加ください。(小学生以下の方はご参加いただけません)
当日駐車場が混み合いますので、公共の交通機関をご利用ください
お車ですと駐車場に入れなくて、うそかえ祭に間に合わない場合がございます。

毎月25日は骨董市を開催中!です。

参加方法  (30分くらい掛かります)
@午前11時(午後3時)にご参加の方は、その時間までにお参りし、列にお並びください。
A時間になりましたら、順番にお配りいたします。
B配られましたら、「替えましょう、替えましょう」と言ってどんどん交換してください。
C太鼓の合図で、袋を開封してください。
D「金」と書かれていたら18金の、「銀」と書かれていたら純銀の、「木」と書かれていたら三寸の木製のうそ鳥と交換になります。書かれていないものも身替り災難除けの御守です。

木製の3寸のうそ鳥うそかえ神事の様子

 道真公が無実の罪で大宰府に左遷され、任地に到着された翌年1月7日、神事をされている時に、寒中なのに無数の蜂が襲来して参拝者を悩ましました。そこに一群のうそ鳥が飛来し、蜂を食い尽くして人々を救いました。
 このことから、当宮では毎年1月25日の初天神の日に、身替災難除けとして「うそかえ祭」を行い、神職が1年がかりで奉製した手彫りの「うそ鳥」を授与しています。
 
 25日は天神さんの日。「25」という数字には道真公と縁が深く、誕生が6月25日、
左遷の詔が出されたのが、1月25日、亡くなられたのが2月25日、(ついでにいうなら
当宮の電話番号も2525)というように「25」に縁が深いことから25日が天神さんの日と
いう信仰がうまれたようです。25日は天神さんにお参りしましょう。

▲ このページの先頭へ戻る


トップ歴史境内宝物行事祈祷交通記帳リンク

Copyright (C) H13-H28 Domyoji Tenmangu Shrine. All rights reserved.